松山油脂の効果・効能情報を発信|商品選びの着目点

スキンケアにとって最も基本的と言える「保湿」を重点的に考慮した化粧品を展開している松山油脂。その中でも、「肌をうるおす保湿スキンケアシリーズ」は乾燥に悩む女性のための高保湿スキンケアとして人気を持しています。そこで、松山油脂のこだわり深い保湿の効果・効能について、詳しく見ていきたいと思います。

松山油脂というブランドについて

日常品に求められる品質について考え、安全性と環境性・有用性のバランスを満たす商品を届けることをコンセプトにしている松山油脂からなる「肌をうるおす保湿スキンケアシリーズ」。

肌の水分を補い、蒸散を防いでうるおいを保つ「保湿」に重点を置いて誕生し、乾燥や外的刺激から肌を守るうえで重要な卯役割を果たす角質層の状態を整え、潤いを維持することで健やかな肌へと導くスキンケアです。 環境や体調によって変化しやすい女性の肌を考慮した低刺激処方にこだわり、スキンケアの保湿に着目した様々なウォッシュ&ケアアイテムをそろえています。

環境や体調によって変化しやすい女性の肌を考慮した低刺激処方にこだわり、スキンケアの保湿に着目した様々なウォッシュ&ケアアイテムをそろえています。

松山油脂の効果・効能とは?

松山油脂の肌をうるおす保湿スキンケアシリーズから、肌の水分と油分を整える保湿成分が配合されている、化粧水について見ていきたいと思います。

全成分表記
水、BG、グリセリン、1,2-ヘキサンジオール、ダイズ種子エキス、ダイズ発酵エキス、加水分解ダイズタンパク、ダイズステロール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、イノシトール、ヒアルロン酸Na、コメヌカエキス、アラントイン、トレハロース、水添レシチン、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na

イソブラボンやアミノ酸など豊富に含む大豆発酵エキス・ダイズペプチドなどの保湿成分を配合し、肌へ補った水分を溜め込むことができるよう、これらの大豆由来成分で角質層の働きをサポートします。

肌は潤いが不足するとバリア機能が低下し、乾燥や外的刺激により肌トラブルの原因となります。肌をうるおす保湿シリーズは、角質層の水分のうち約80%以上を保持するという、細胞間脂質の主成分であるセラミドを5種配合しており、高い保湿力で肌のバリア機能を補っていきます。

水分と油分のバランスを整える米由来の保湿成分イノシトールを配合しており、べたつきを抑えながらも潤う肌へと効果を発揮し、Tゾーンのテカリが気になる方や、混合肌の方でも使用しやすいさらりとした化粧水になっています。 アルコール・防腐剤・香料・着色料・鉱物油・紫外線吸収剤・シリコーンは不使用であることから、敏感肌のための低刺激処方となっています。

大豆由来成分・5種のセラミドなどの保湿成分により、角質層の状態を整えていくことによって根本的な肌トラブルの改善が期待できる配合となっています。 季節の変わり目や体調によって肌質が変わりやすいとされる肌を労わった成分配合になっており、乾燥が気になる方や敏感肌の方に適した化粧水と言えるのではないでしょうか。

肌をうるおす保湿スキンケアシリーズ化粧水の価格について

商品名肌をうるおす保湿浸透水バランシング
価格1,512円(税込み)
容量120ml
使用期間2カ月
トライアル756円(税込み)

トライアルセットの詳細は公式サイトへ

決して大容量ではないですが、低価格なことから惜しみなく使用できるのではないかと思います。デリケートな肌を考慮した低刺激の高保湿化粧水でありながらも、どなたでも購入しやすい価格となっており、お値段以上の効果を期待できると考えられます。

まず1,000円以下でトライアルセットが購入できるのは、かなりお得なお試し価格となっているのではないでしょうか。

コスパとしては?

価格が安いため、多量消費してしまう方も多いと思いますが、使用法に沿った使い方であれば1カ月半以上は持つと考えられます。ドラッグストアなどでも手に入りやすい商品なので、継続のしやすさにも好印象を持てます。

また詰め替え用も販売しており、110mlの容量で1,000円を切った良心的な価格となっているため、ボトルの処理にも手間がかからず、コスパはかなり良いものとなります。

肌をうるおす保湿浸透水バランシングの口コミはどうなのでしょうか?

良い口コミ

・しっかり保湿してくれるわりにお値段が安い!
・肌にスーッと肌に馴染んで潤う感じがします!
・さっぱりしすぎずべたつかず丁度いい使用感でお気に入り!
・刺激もなくいい感じです!

高い保湿力と馴染みやすい使用感に加え、コスパの良さにたくさんの方が高評価でした。

悪い口コミ

・肌への浸透性が物足りなく感じました。
・肌に合わなかったのか、皮脂が結構出てきます。
・ヒリヒリしないのはとても嬉しいのですがとろみがあり表面についている感じがします。

低刺激処方なだけに肌荒れを起こしたという口コミはほぼありませんでしたが、べたつきや肌の馴染みに物足りなさを感じるようです。

肌をうるおす保湿浸透水バランシングのメリット・デメリットまとめ

メリット

・お値段以上の効果を実感できる
・肌に馴染みやすく、うるおい肌への効果を発揮する
・べたつきすぎずしっとりとした使いやすい使用感
・肌の弱い方でも安心できる低刺激性

デメリット

・浸透力に物足りなさがある
・高い保湿で逆にべたつきを感じでしまう
・低刺激ではあるが張り付くようなカバー力である

口コミでわかった肌をうるおす保湿浸透水バランシングの評価

乾燥や花粉といった外的刺激などにより、肌の調子が良くない時でも刺激を感じず安心して使用できるという点は全体的に高評価の印象でした。べたつきを感じさせない使用感や、高い保湿力により肌がうるおい、肌荒れの改善を実感できる化粧水として継続される方が多いようです。

とろみのあるテクスチャーにより、張り付くような使用感が不快な方もいらっしゃいましたが、敏感肌や乾燥肌の方だけでなく、サラッとした使い心地によりべたつきやすい夏でも使用できるところが、脂性肌や混合肌の方にとっても使いやすいと言えるのではないでしょうか。

肌をうるおす保湿浸透水バランシングはオススメできる商品なのか?

必要以上の成分は配合していないため、様々な原因によって敏感肌になってしまった方でも、トラブルが起きにくく安心して使用していける化粧水になっていると思います。

大豆由来成分・セラミドによる高い保湿力を期待できる成分配合で、デリケートになっている肌を労わりながらしっかり守り、水分を補っていくことで肌トラブルの改善への効能を実感できるのではないでしょうか。

肌をうるおす保湿スキンケア - 松山油脂オンラインストア
松山油脂は、安全性と環境性、有用性のバラ...

使用方法について

公式では、適量(100円玉大)を推奨していますが、とろみのある伸びが良いテクスチャーとなっているので、使用される方によっては少量でも充分に馴染ませることができると思います。

洗顔後、化粧水を手に取り、3~4回に分けて顔全体に押し込むように馴染ませていきます。1分ほどハンドプレスしていくと、よりもちもちな肌触りになり、うるおいの効果を実感できると思います。
コットンに目一杯馴染ませてからパックすることで、さらに浸透力が上がるのでおすすめです。

香りや特徴について

肌をうるおす保湿スキンケアシリーズは、敏感肌のための低刺激処方となっているので、香料・アルコールは不使用です。スキンケア用品の香りを気にされる方でも、気兼ねなく使用
していただけると思います。

環境の負荷を減らすため、耐久性に優れているガラスボトルを繰り返し使用することで、コスパも良いものとなります。本体容器・キャップ・中栓等を良く洗い、完全に乾燥させてから詰め替え、ガラス瓶の口に中身がついたときはティッシュなどでよく拭き取ってから中栓を締めることで、長期間のボトル使用が可能です。

総評・まとめ

肌のケアにおいて、基本的に大切な保湿に重点をおいて作られている化粧水は、角質層の状態を整える大豆由来成分・高い保湿力でバリア機能をサポートする5種のセラミドにより、相乗的に保湿効果を発揮し、潤いに満ちた肌へ導きます。

日常的な外的刺激によりダメージを受けた肌は、とてもデリケートになっています。可能な限り肌への負担にならないよう、低刺激処方の成分配合で安心して効果を実感できる化粧品なのではないかと思います。

水分と油分のバランスが崩れやすく、べたつきやテカリが気になる方・さらりとした質感が好きな方にはとくにオススメと言える「肌をうるおす保湿スキンケアシリーズの保湿浸透水バランシング」です。

肌をうるおす保湿スキンケア - 松山油脂オンラインストア
松山油脂は、安全性と環境性、有用性のバラ...
タイトルとURLをコピーしました